シルデマンの飲み方

シルデマンの飲み方アイキャッチ シルデマンの基礎知識

このページでは、シルデマンの正しい飲み方を説明します。

バイアグラ系は、レビトラ系やシアリス系に比べると用法・用量が厳しめに定められています。

きちんと守らないと、うまく効いてくれない場合があるので、前もってしっかり把握しておきましょう。

まぁ効き方に個人差も出ますので、どのみち何回か飲んで慣れるしかないのですが。

副作用のリスクもありますので、定められた用法・用量は必ず守りましょう。

飲むタイミングは性交の1時間前を目安にする

シルデマンを使う時は、性交を始める1時間ほど前を目安に飲んでおきましょう。

これは、一般的にシルデナフィルの効果が出るまでにかかる時間を考慮されています。

性交を始める直前に飲んでも十分な勃起は起きません。
失敗しないためにも、焦らず飲んだ時間を確認してしばらく待ちましょう。

シルデマンが効き始める時間には、若干の個人差があります。
早ければ、服用から30分ほどで、性交に必要な硬さの勃起が可能な場合もあります。

何回か使っていくうちに、自分がどのタイミングで効いてくるか把握できるようになります。

分割して1回の有効成分の用量を調整する

シルデマンは、1錠に100mgのシルデナフィルが含まれています。

服用の際には、ピルカッターなどで1/2錠(50mg)、もしくは1/4錠(25mg)に分割してからお飲みください。

日本人のシルデナフィルの服用量は、1回25~50mgと定められています。1錠(100mg)をそのまま飲むと、日本人にとっては過剰摂取となります。

日本で行われた臨床試験では、100mgは50mgと効果が変わらないことが示されています。副作用のリスクが上がるだけですので、1錠飲むのは止めておきましょう。

65歳以上の男性、肝障害もしくは重度の腎障害がある男性は、効き目が強く出やすくなります。該当する方は25mgから飲み始めてください。

効き目が弱いと感じた場合は、まず用法・用量を間違えてないか確認しましょう。

正しく服用しても効かないのであれば、薬と相性が悪いかも知れませんので、レビトラ系やシアリス系に切り替えてみましょう。

効果のためにお腹が空いている時に飲む

シルデマンを飲む時は、必ず空腹の時に飲んでください。

有効成分のシルデナフィルは、食事の影響を受けやすい薬です。特に食事に含まれる脂肪分は、腸に油の膜を貼って薬の吸収率を下げます。

食事の直前や後にシルデマンを飲むと有効成分が十分に吸収されず、効果が弱くなる可能性があります。
十分な効果を得るためにも使う時は、必ず空腹時に飲みましょう。

食後に性交したい場合は、食事をする30分前までにシルデマンを飲んでおきましょう。
30分のあいだに有効成分の吸収が始まり、食事の影響を減らすことができます。

シルデマンの効果は、およそ5時間ほど続きます。この時間内で性交を行うようにすれば、早めに飲んでおいても問題ありません。

また、うっかり飲む前に食事をしてしまった場合、2時間ほどの間隔をあけてください。

食事は脂肪分のある料理を避け、カロリー控えめのあっさりメニューで済ませましょう。

お酒との飲み合わせに関して

シルデマンとお酒を一緒に飲むことは禁止されていません。

適量のお酒であればリラックス効果があり、心因性EDによる不安や緊張をほぐすことができます。

ただし、お酒の飲みすぎには注意が必要です。

アルコールを大量に摂取すると、脳の中枢神経が麻痺して性的刺激が伝わりづらくなります。
シルデマンを飲んでも、性的興奮が減って勃起力が低下します。

また、シルデマンを飲むと有効成分の血管拡張作用から普段よりもお酒に酔いやすくなります。

泥酔すれば性交どころではなくなるので、お酒はほどほどにしておきましょう。

服用回数と連用に関して

シルデマンは必ず1日1回にとどめ、連用する場合は最低24時間以上の間隔をあけてください。

ED治療薬は、一般的な疾患の治療薬とは異なります。

継続服用してEDを根本から治療するわけではなく、あくまで性交時に対症療法として飲む薬です。

EDの原因は動脈硬化に加え、神経の損傷や神経伝達物質の減少など多岐にわたります。これらを単剤で解決することはできません。
なお、肝心な動脈硬化に関しては現時点で治す薬はないようです。

シルデマンが作用するPDE5はEDと関係なく、射精後に勃起状態から元に戻す役割の酵素です。

つまりED治療薬は、体に備わった機能を一時的に弱めて勃起力を高めるのです。

ごくまれに勃起が止まらなくなる副作用(持続勃起症)が出るのも、PDE5を完全に抑えつけてしまった結果と思われます。

シルデマンは必ず性交時にのみ服用し、できるだけ連用は避けることが望ましいです。