シルデマンを使って格安にED治療!

シルデマン通販してみたトップアイキャッチ

はじめまして、ED歴10年の勃起丸(ボッキガン)と申します。

私はこれまでに、国内外の様々な勃起薬(先発薬・ジェネリック問わず)を使用してきました。

勃起薬(ED治療薬)は海外医薬品の個人輸入代行サービスを使えば、通販で手軽に購入できます。値段も非常にリーズナブルですので、私のような安サラリーマンでも無理なくED治療できます。

個人輸入代行サービスでは主にバイアグラ系・レビトラ系・シアリス系の勃起薬が多数あります。

今回はバイアグラ系で最も安いと思われる「シルデマン」を試してみました。

このブログでは、使用者目線でシルデマンに関する有益な情報を発信していきます。

シルデマンとは?

シルデマンは、有効成分としてシルデナフィルを100mg配合したED治療薬です。インドのHOFファーマシューティカルズ社より製造販売されています。

シルデマンはバイアグラのジェネリックであり、勃起不全(ED)に対して同等の効果を期待できます。

値段がバイアグラ100mg錠の1/4以下、というコストパフォーマンスが最大の特徴です。

シルデマンの効果

シルデマンは、有効成分シルデナフィルが陰茎への血行を良くする働きにより、勃起を助けます。

勃起不全は動脈硬化などで陰茎に十分な血液が行きわたらなくなり、勃起力が下がった状態です。

シルデナフィルは陰茎周辺の血管を広げることで、血流を増加させて勃起力を高めます。勃起しやすくなる上に、硬いパワフルな勃起が得られます。

挿入後も勃起を持続させて中折れを防ぎ、オーガズムへと導いて性交の満足度を高めます。

射精後も、薬が効いている間は勃起力も維持されます。性欲が続く限り、2回戦以降も可能です。

勃起不全には心因性ED、器質性ED、混合性EDがあります。シルデマンは主に血行不良による器質性EDに効果を発揮しますが、心因性や混合性にも少なからず有効とされています。

シルデマンの効果時間はいつからいつまで?

シルデマンの効果が得られる時間は、服用後30分~5時間ぐらいまでです。

飲んで30分後から効き始め、1時間前後で効き目がピークをむかえます。その後、ゆっくりと効果は弱まっていきつつ、5時間が過ぎる頃までは持続します。

シルデマンに催淫効果はなく、性的な刺激を受けた時にのみ勃起を補助します。飲むだけでエッチな気分になったり、勝手に勃起したりするようなことはありません。

勃起を鎮める役割の酵素を一時的に押さえつけ、勃起しやすい状態にする薬です。

シルデマンの効果・効能に関して詳しくはコチラ

有効成分シルデナフィルについて

有効成分のシルデナフィルは、PDE5阻害薬に分類されています。

シルデナフィルは、cGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解して勃起を萎えさせる酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を邪魔する働きがあります。

cGMPは男性器の海綿体付近の血管を広げる働きがあります。海綿体への血流が促進されると勃起が起こるのです。

PDE5は本来、陰茎を勃起状態から通常状態に戻す役割の酵素です。EDで勃起力が弱まっている時は、この酵素を抑え込むことで、一時的に勃起力を回復できるのです。

有効成分シルデナフィルについて詳しくはコチラ

シルデマンの飲み方

シルデマンは1日1回、1/4錠~1/2錠を性交の1時間前に飲んでください。

日本国内ではシルデナフィルの摂取量が25~50mgとなります。シルデマンは1錠ですと100mgとなり、日本で認められていない用量になります。効果よりもリスクが大きくなりますので1錠そのまま飲まないでください。

初めて使用する場合は、1/4錠(25mg)からがいいでしょう。

シルデマン(シルデナフィル)は体質や体格によって効き目や副作用が変わります。状況に合わせて適切な用量にカットして服用してください。

シルデマンは空腹時に服用

シルデマンはバイアグラと同様に、食事の影響を受けやすいです。

食後に飲むと、効き目が十分に得られなくなります。特に油っこい食事は腸に油の膜を貼ってしまい、薬の吸収を邪魔します。

せっかく飲んだのに勃起できずガックリ…という事態を避けるためにも、お腹を空かせておきましょう。飲んだ後に食事をしたい場合は、30分ほど待って薬がしっかり吸収されてからにしましょう。

うっかり食べてしまった場合は、食べ終わってから2時間以上あけてから飲みましょう。

このように、シルデマンは服用タイミングに加えて食事にも注意を払うことが大切です。

シルデマンの飲み方について詳しくはコチラ

シルデマンの副作用

シルデマンの主な副作用はバイアグラと同様に、頭痛、ほてり、潮紅などです。
これらは、有効成分シルデナフィルの血管を広げる働きによる症状です。

症状は一時的であり、時間の経過と共にシルデマンの効果が薄れていけば解消されます。

個人差がありますが、一時的に体内の血流が増加することで起こる副作用です。効き目が強すぎる場合は顕著に現れますので、効果と副作用のバランスが大事ですね。

副作用を抑えたい場合は、量を減らしたり、わざと食後に飲んで吸収を抑えるという手段があります。頭痛薬などの頓服薬を併用する事もできます。

ごくまれにめまいや視聴障害などの副作用も起こりえます。こちらも時間の経過で解消されることが多い症状ではありますが、運転する際には注意してください。

シルデマンの副作用について詳しくはコチラ

シルデマンの服用に注意が必要な方

以下の項目に該当する方は、使用前に必ず医師に相談してください。

  • 陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある
  • 鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病などの患者
  • 出血性疾患、または消化性潰瘍がある
  • 高齢者(65 歳以上)
  • 重度の腎障害がある
  • 肝障害がある
  • チトクロームP450 3A4阻害薬(リトナビル、ニルマトレルビル・リトナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等)を飲んでいる
  • チトクロームP450 3A4誘導薬(ボセンタン、リファンピシン等)を飲んでいる
  • 降圧剤を飲んでいる
  • α遮断剤を飲んでいる
  • カルペリチドを飲んでいる

シルデマンの注意点について詳しくはコチラ

シルデマンを服用できない方

以下の項目に該当する方は、シルデマンを服用できません。

  • シルデナフィルの薬で過敏症(アレルギー反応)を起こしたことがある
  • 心血管系障害がある
  • 重度の肝機能障害がある
  • 低血圧、または治療を行っていない高血圧がある
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある
  • 網膜色素変性症の患者
  • 硝酸剤・NO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を飲んでいる
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン)を飲んでいる
  • sGC刺激剤(リオシグアト)を飲んでいる

シルデマンの禁忌事項について詳しくはコチラ

シルデマンの通販について詳しくはコチラ

シルデマンの保管方法

シルデマンは以下を守って保管してください。

  • 高温多湿を避けて、直射日光があたらないところ
  • お子様の手が届かないところ
  • 使用期限を過ぎた場合は破棄
  • 分割した錠剤はなるべくお早めに使用